マネー講座 講座2

家計に役立つ豆知識〜地震のときの補償〜

激震に身も心も震えた3月20日。まさか福岡で大地震が・・・先の西方沖地震では誰もが思ったことでしょう。地震の直後はそれどころではありませんが、少し落ち着いてくると気になってくるのが補償の問題です。壊れた家や家具はどうなるのか、地震の時の補償について考えてみましょう。 

地震保険  地震の時に住宅と家財の損害を補償してくれるのが地震保険です。地震保険は単独で契約することはできず、火災保険に付帯する形になります。保険金額は、主契約(火災保険)の保険金額の3050%までとなっています。ただし、住宅5,000万円、家財1,000万円がそれぞれ限度額です。家財は、貴金属・書画・骨董類などで30万円を超える物は補償されません。(40万円の絵画は×、50万円の液晶テレビは○、など)

傷害保険  地震によるケガについては、保険商品によって補償されるものとされないものがありますので、加入の際には保険会社に確認してください。

車両保険  地震で自動車が破損したケースも多かったと思います。しかし一般の車両保険では、地震は免責となっています。車両保険に地震の補償を付加できる保険会社もありますので、問い合わせてみてはいかがでしょう。

雑損控除  地震で受けた損害を翌年の確定申告で雑損控除として申告することが出来ます。住宅や家財の場合は保険金を差し引いた金額、自動車も申告の対象になりますが、通勤に使っているなど日常生活に必要と認められる場合に限ります。



戻る

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO